無料アフィリエイトここ1番♪無料 人気blogランキングへ 参考になったらクリックしてね♪ banner_04.gif お小遣いゲット!はここをクリック★ まずは、のぞいて確認、無料登録OK♪ あたしは、ここで1万円ゲットしたよ〜

2007年08月24日

油にも気を使ってほしい

★ちょいと豆知識★

兵庫県東加古川の巨大たこ焼専門店 どんでか焼のおやじさんに聞いた

情報を元に作成したものです。


たこ焼離型用油には色んな油が使用されているが 
健康面のことを考えると脂肪酸の割合に注意して選ぶのが
望ましい。単価不飽和脂肪酸多価不飽和脂肪酸飽和脂肪酸
この3つの脂肪酸の割合に着目してみよう

単価不飽和脂肪酸とは
オレイン酸が代表的な成分で、動脈硬化・胸やけ・胃酸過多・胃潰瘍・便秘・老化・等の予防になります。また、オレイン酸は、体内で酸化されにくい特徴があります。オリーブ油が、代表的なオレイン酸含有食品で、植物油の中で最も消化・吸収がよいとされています。→ダイエットの手助けと言えよう

多価不飽和脂肪酸とは
リノール酸、リノレン酸が代表的な成分です。しかし、リノール酸には、酸化されやすいという難点があり、摂取しすぎると体内で過酸化脂質となってガンの原因となる。肺がんや乳がん、大腸がん、前立腺がんなどはリノール酸によって促進されることがわかっています。
その他には、主に青背の魚に多く含まれるDHA,EPAなどが多価不飽和脂肪酸にあたります。DHA,EPAは脳の発達や機能に関与したり、血液をサラサラにする働きがあります。青背の魚を食べると頭がよくなる
と言われてるのは、このような働きがあるから言われているそうです。
食べなければいけませんが、くれぐれもとりすぎには注意しましょう。

飽和脂肪酸とは
おもに、肉や乳製品などの動物性食品に多く含まれている脂肪酸で、摂取しすぎると悪玉コレステロールや中性脂肪が増え、動脈硬化をまねく原因になります。


よって 理想の油「たこ焼用離型油」も上記の内容から考えて単価不飽和脂肪酸の割合が高く多価不飽和脂肪酸と飽和脂肪酸の割合が低い油が理想と言えます。オリーブ油、なたね油の脂肪酸の割合をしているサラダ油が理想と言えるでしょう。

ひまわり油
最近、ひまわり油も以前と比べ、改良されたオレイン酸を約65パーセントくらい含んだものもあり、このオレイン酸を多く含んだひまわり油は
なたね油に近い脂肪酸の割合をしており、体にやさしい健康植物油となっております。

油加熱する料理(たこ焼を含む)は やはりオレイン酸を多く含む植物油
での加熱が望ましい   覚えておいて!
posted by 毎日たこ焼 at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | たこ焼の離型用油は・・・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
右斜め上アフィリエイトここ1番♪左斜め上 アフィリエイター専用のアクセスアップサービス
アフィリエイター専用のアクセスアップサービス
無料アクセスアップツールWarp!-mini
URLを入力すると、誰かに閲覧されます。無料ですよ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。